勝つためにすべきことは、
本気の練習と身体のケア


私立東京高等学校 陸上部 終身名誉監督 大村 邦英(東京国体強化部長 / 日体協公認コーチ)

ほんの1/100秒、たった1cm。そんな僅かな違いが、勝敗を分かつのがスポーツの世界です。そこで勝つためにするべきことは何か。いつも選手には、日々の練習に本気で打ち込み、それ以上に練習が終わった後もしっかりと身体のケアを怠らないという、ふたつが大事だと教えています。

毎日のトレーニングに
本気で挑むために、身体のケアが重要

スポーツにおいて強くなるには本気の練習が必要です。毎日のトレーニングに本気で挑みます。ただし、身体のケアが行き届いていないとトレーニングで全力を出すことが難しくなってきます。たとえば、食生活。アスリートとしてふさわしくないものばかりを普段口にしている選手は、どれだけ鍛えていてもケガが多くなります。あるいは、身体をいたわるストレッチなども大変重要です。普段の練習を頑張るほど、筋肉は大きなダメージを受けます。ケアを行うことなく連日練習を重ねてしまえば、ケガにつながります。練習の後には、身体をケアすることもセットで考えねばなりません。

ストレッチポール®が自宅にあれば、
自分で簡単にケアできる

姿勢や身体のバランスを整えるためのトレーニングや、身体のケアのためのストレッチ等に、ストレッチポール®を使ったものを取り入れています。使い方は多様ですし、背中を添わせて上に乗っているだけでも肩がひらいて身体が伸びていく。練習場だけでは時間や人数の関係でできないことでも、自宅にあれば自分で簡単に行う点も、非常に重宝しています。これから世界で勝負をしていくような彼らにとって、毎日の身体を支えてくれる、なくてはならない存在となっていくかもしれません。

インタビュー

調子悪いなって時に使うと、
筋肉の張りをとることができ、
早く走れます。

東京高校 陸上部 3年 / 黒木心貴

優勝 / 2016東京都高校新人陸上 男子100m 決勝
準優勝/ 2017東京都高等学校陸上競技対校選手権大会 男子100m 決勝

大会の時や、練習のあとに
使っています。
私の身体をケアする上で、
とても大切な道具です。

東京高校 陸上部 3年 / 守田紗矢香

優勝 / 2016東京都高校新人陸上 女子200m決勝
優勝/ 2017東京都高等学校陸上競技対校選手権大会 4×100mリレー 決勝
優勝/ 2017東京都高等学校陸上競技対校選手権大会 4×400mリレー 決勝

ストレッチポール®は、
自分の「猫背」を意識しやすくし、
走る時の姿勢を
作りやすくしてくれます。

東京高校 陸上部 1年 / 小野寺潤

小野寺 潤 東京高校1年
準優勝 / 2017東京都高等学校陸上競技対校選手権大会 4×100mリレー

ストレッチポール®は、
ケアする上で、1番大切なもの。
1週間使えなかったら、
もう無理です(笑)

東京高校 陸上部3年 / 中島沙弥香

優勝 / 2016年東京都高校新人陸上 女子400m決勝
準優勝 / 2017東京都高等学校陸上競技対校選手権大会 4×400mリレー

私立東京高等学校 陸上部

東京都大田区にある同校は、インターハイ優勝入賞の常連校。平成29年度関東高等学校陸上選手権では、男子4年連続10回目、女子3年連続8回目の総合優勝。インタ-ハイ出場決定30名。のべ男子10種目·女子11種目でインタ-ハイに出場。同校は練習時間の短さでも有名。長距離以外は朝練がなく、夕方の練習も2時間半程度。3日練習したら1日休みが原則。都心近くにあるので、施設のスペースも決して恵まれているわけではない。創部当時なかなか勝利できなかった頃、『気持ちだけは負けないで欲しい!!』という気持ちから大村監督の願った応援メッセージ「負けん気」が合言葉。

2017年4月現在 男子88名 女子64名 合計152名

ご利用シーン