プロフェッショナル > StretchPole × プロスポーツ

HOME > プロフェッショナル > StretchPole × トップアスリート > StretchPole × プロスポーツ

Situation

StretchPole × プロスポーツ

クルム伊達公子選手や福原愛選手など日本の代表するトップアスリートをクライアントに持つパーソナルトレーナー 中野ジェームズ修一 Shuichi J Nakano

(有)スポーツモチベーション代表取締役/フィットネスモチベーター

2004年「伊達公子ロンドンマラソンチャレンジ」にトレーナーとしてサポート。ストレッチポールでテニス骨格からランニング骨格へ変えさせ、見事初マラソンで3時間27分を達成させたことでも有名。その模様が「ランニングの科学」(NHK)でも放映された。

パーソナルトレーナーとしてアスリート、モデルなどの指導を行う他、スポーツの大切さを伝える活動「スポーツ列島化計画」と題し、講演会や国内外でのスポーツキャンプの企画なども積極的に行っている。講演本数は年間70本を超える。近著に「バランスボールエクササイズ」(成美堂出版)「第3のダイエット法」(講談社)など多数。

"人のモチベーションを引き出すストレッチポール"

クライアント自身のモチベーションを上げるひとつのツールとしてストレッチポールはとても役立っています。私たちはロボットの体を見ているわけではありません。壊れたところを探すのが仕事ではない。その人の持つ潜在能力を引き出すこと。これがトレーナーとして大切なことだと思っています。

【プロフィール・経歴】
ACSM/HFS 日本健康心理学会認定健康心理士 JCCAマスタートレーナー
アディダス契約アドバイザー 早稲田大学エクステンションセンター講師 等

Situation

Situation

  • StretchPole x トップアスリート
  • StretchPole x モデル・美容
  • StretchPole x 医療・介護
  • StretchPole x 教育・クラブ活動
  • 子育て・子供教育

OtherContents