ブログ

HOME > ブログ

お腹のコルセットで腰痛予防│お腹にあるコルセット腹横筋とは

疲れが溜まるとどうしても腰が重たく、症状が悪い時は腰が痛い。
ある季節限定に腰痛が発症することも含めると多くの方が腰痛に悩みを抱えています。
腰重たい

腰痛を抱えている方はコルセットお腹に巻いて腹圧を高めたりしていることが多いですが、
実は私たちのカラダの中にそのコルセットの役割をする筋肉が存在するのです。

それが腹横筋と呼ばれるお腹の深層部にある筋肉です。
この腹横筋をトレーニングして動きやすくしていくことで
天然のコルセットを締めて腰痛の症状緩和・腰痛予防につなげることができます。

そうはいってもお腹の深い部分にあるその筋肉を鍛えるのは難しいのでは?
と思う方も多いのではないでしょうか?
腹横筋は呼吸などのエクササイズで簡単に鍛えることができ、
様々な動きの中で応用がきくことから、トレーニング中にも締める練習を行うことができます。

トレーニング中に腹横筋を締めることで体幹部を安定させることができるので、
正しい姿勢でトレーニングすることが期待できます。

 

腰痛の原因改善にも役立つお腹の天然コルセット腹横筋。
腹横筋を活性化して腰痛の予防・改善へ。

そこで今回は、腹横筋を意識的に動かしてトレーニングしましょう。
まずは呼吸のトレーニングで動きを活性化させて緩めていきます。

動きができるようになってきたら、トレーニングの中で締めましょう。
体幹トレーニングエクササイズはこちら。

腹横筋を締めてコルセットいらずの生活へ。
腰痛予防をして毎日を楽しく過ごしましょう。