ブログ

HOME > ブログ

ご購入の方によるストレッチポール® 推薦の声 | 愛用者レビューより

photo

ストレッチポール®は、発売以来10年がたち、多くのご愛用の声が寄せられています。
今回は、その一部をご紹介します。(2008/12/23〜2015/04/17まで)

※1 効果には個人差があります。
※2 amazonで「ニセモノを買った」というレビューが掲載されている場合があります。
メーカーで調べたところ、該当類似品の出品はすでにないために、
正規品に関連づけられ、掲載されているようです。
このようなことがないよう、メーカーとしても随時ネットパトロールをしておりますが、
お客さまにおかれましても、十分ご注意をお願いします。

正規品ストレッチポール®のご購入はこちらから

ストレッチポール®の種類・サイズについてはこちらの記事をご覧ください。

【ご購入の方によるストレッチポール® 推薦の声 | 愛用者レビューより】

●使っていてもへたりがこなくて、健康グッズとしてとても良いです!!!!

●似たような商品が色々出ていますがやはり、本家本元がいいかと思い購入しました。
使い方のDVDや説明書もしっかりしていて安心して使用できます。
ジムでも基本的な使用法は教わっていますがDVDや説明書でより詳しくわかります。
特に肩甲骨あたりを伸ばしたり、肩甲骨、
背骨のゆがみを矯正するには正しく使えばとてもいい商品です。

●これはいいです。
同封の説明書のようにやってみると効果覿面、体が軽くなったのを実感できます。
肩甲骨の内側に適度な自重がかかりコリがほぐれます。

●自分の腕や脚の重さでトレーニングするので無理が掛かりにくいのと、
バランスを保とうとする事でインナーに効くと思います。
またポールを横使いして担いでみたり、
床に横置きで背中を反る動きをしてみたりと汎用性もあります。
Youtubeで参考に出来るトレーニングの動画もあり導入後の参考になりました。

●お世話になっている整形外科で使っているので同じものを購入しました。
廉価版が結構出回っていますが本物は頑丈さが違う。
半年くらい使い続けているけど全く変形しない。
固めが好みの自分としては丁度いい硬さ。

●安いストレッチポールを買いましたが、堅すぎたためLPNのを買い直しました。
やはり、ストレッチポールは高くてもちゃんとした物を買った方が良いです。

●何か月も良くならなかった五十肩がずいぶん楽になりました!
それだでなく、よく眠れるようになったし、肩こりがすっかりなくなりました。
買ってみると周りに愛用している人がとても多く、びっくりしました。
でも、分かります。
あまり気持ちがいいので、実家の母にもプレゼントしましたが、
とても気に入って使っているようです!
これは、良いお買い物をしました!進めてくれた友人に感謝!!

Continue reading “ご購入の方によるストレッチポール® 推薦の声 | 愛用者レビューより”


ストレッチポール® よくあるお問い合わせについて | FAQ

ポールオン

今回は、ストレッチポール®EXMXハーフカットについて、
お電話やメールなどでよくいただくお問い合わせについてお答えします。

こちらのページも合わせてご覧ください。

オペレーター二人
Q.小柄だけど何を選べばいい?
A.155cm以下の女性の方の場合、MXをお勧めしております。
仰向けで縦に乗った場合「ラクにヒジが床につくか」が目安です。
太っているかどうかはあまり関係ありません。

Q.背が高いんだけど、大丈夫?
A.後頭部から尾骨までがストレッチポールにのる必要があります。
この間が90cmくらいまでであればお使い頂けます。
上記イラストを参考になさってください。

Q.大柄だけどMXでも問題ない?
A.柔らかい感覚がお好みであれば、MXでも問題ありません。
ただ、MXに乗った時点で既に肩が床につくような方の場合は
EXをお勧めします。

Q.EXとMXでも効果は同じ?
A.肌感触は、MXの方が柔らかいのですが、効果に差はないと考えられています。
筋膜リリース(横に置き、太ももやふくらはぎに当ててゴロゴロ転がす方法)で
使う場合も、MXでもEXと同様にお使い頂けます。
(硬い当たりがお好みの方はEXをお選びください)

Q.家族と一緒に使う場合、どれを選んだらいい?
A.おカラダの小さい方に合わせることをオススメします。

Continue reading “ストレッチポール® よくあるお問い合わせについて | FAQ”


ストレッチポール®の種類とサイズ

ストレッチポール®には、現在3種類の一般向け製品があります。

ストレッチポール®EX=長さ約98cm、直径約15cm、重量約700g
ストレッチポール®MX=長さ約98cm、直径約12.5cm、重量約900g
ストレッチポール®ハーフカット
=かまぼこ型。長さ約40cm、幅約15cm、高さ約7.5cm、重量約220g
(1本あたり。販売は2本セット)

最もオーソドックスなストレッチポール®EX

ストレッチポール®EXは、「元祖ストレッチポール®」ともいえるスタンダードな製品で、
多くの方に対応できるサイズとなっています。
フィットネスクラブなどで目にする機会が多いタイプです。
縦に仰向けに乗った際に、手足の重さで全身にストレッチ効果を
与える最適なものとなっています。
目安として身長155cm以上で一般的な健康の方であれば、男女問わずお使いいただけます。
その方の座高にもよりますが、身長185cm以上の方でも
普通にエクササイズが行える場合があります。
使用後にへこみができたり、へたるようなこともなく元の形状に戻りやすい性質です。
反発性があるので少し硬めの特徴となっています。
直径15cmは、開発初期に多くのモニタリングを行った結果選ばれた大きさで、
発売以来変わっていません。

177cm・男性・EX使用例

身長177cm・男性・EX使用例

身長153cm・女性・EX使用例

ストレッチポール®EX 2015年4月現在のカラーバリエーション この画像はwikipedia ストレッチポール に投稿するものと同じファイルです

ストレッチポール®EX 2015年4月現在のカラーバリエーション この画像はwikipedia ストレッチポール に投稿するものと同じファイルです


Continue reading “ストレッチポール®の種類とサイズ”


ストレッチポール®の用途 | カラダを緩め整え鍛え、コリをほぐしストレッチも可能!

ここでは、ストレッチポール®の一般的な用途についてお伝えします。

●コアコンディショニングのツールとして

12

ストレッチポールの開発経緯はコアコンディショニングの誕生と
密接に結びついています。
コアコンディショニングは、乳幼児の発育発達過程を参考にした
体系化された3つの概念
(コアリラクゼーション、コアスタビライゼーション、コアコーディネーション)
からなっています。

コアコンディショニングの基本的なエクササイズでは、
ストレッチポールの上に、縦に仰向けに寝ます。
この状態でベーシックセブンなどのエクササイズを行うことで
日常生活やスポーツによりこわばったコアの筋肉が緩められ、
人間の姿勢が本来あるべき状態に戻っていきます。

Continue reading “ストレッチポール®の用途 | カラダを緩め整え鍛え、コリをほぐしストレッチも可能!”


ストレッチポール®の素材について | 抜群の耐久性とカラダが喜ぶ絶妙な硬さ

ストレッチポール®の素材について、ここではベーシックなストレッチポール®EXについてお伝えします。

ストレッチポール®EX 2015年2月現在のカラーバリエーション

ストレッチポール®EX 2015年2月現在のカラーバリエーション

 

私たちがお届けするストレッチポール®は芯材とカバーからできています。
芯材は発泡オレフィン系樹脂と分類されるもので、初期製品からほとんど変わっていない素材です。
当初の開発の際に、すでにこの素材のメリットが伝えられており、ほぼそのまま選ばれた経緯があります。
このメリットのもっとも大きい部分は「耐久性と独特の粘性」です。
単に長持ちするという意味だけではありません。
形状が崩れずに、お求め頂いた時の粘性(弾力や粘り強さ)を長時間キープしているのです。
ご愛用の方はご存知かと思いますが、
一度EXの硬さに馴れてしまうと、これがベストだという結論になるかと思います。
これ以上の硬さでは背中などの部位に痛みを生じやすくなるでしょう。
また柔らかいと物足りない感じがする方もいらっしゃるかと思います。

また、柔らかいMXには専用の芯材が使用されています。
お使いいただけると表面はソフトだが、芯がしっかりしている感じを受けるでしょう。

創業初期からの開発者によると、実はこの芯材を作るのには大変な苦労があったそうです。
「オリジナルの型で成形されて出てきた芯材は、製造直後は熱を帯びて真っ赤になっています。
その後の冷却の過程で温度や湿度によって、誤差がかなり変わってしまっていました。
カバーとの密着具合がストレッチポール®の生命線。ゆるみは絶対に許さないのが
正規品のプライドだと思っています」(開発担当)。
当初は成形過程でどうしても譲れないくらいの大きな誤差が出てしまったそうで、
きちんとした製品のためには、温度や湿度を変えつつ、
素材の特性をつかみながらの試行錯誤の連続だったとのことでした。
厳密な生産管理下で作られた芯材は、再度別の工場で
歪みがないか、斜めになっていないか、などのチェックを行ってから
カバーに組み込まれているのです。

カバーは長年の使用に耐えられる合成皮革です。
ファスナーはタブが中に入る形状をしています。髪の毛を挟んだりしないよう、
また、いびつなく丸く転がるためにはどうしてもクリアしておきたかったポイントだそうです。
組付けからこのファスナーを閉じる作業まで、コツや専用工具がいりますので、
決して全部バラしてしまわないようによろしくお願いします。

ストレッチポール®が誕生して15年になりますが、このカバーの破れをガムテープで塞いで
使用しているチームさんを見ることがあります。
それはほんとうに初期の製品で、代々おおぜいの選手に使われて来たことでしょう。
また、メーカーが意図しないいろいろな使い方をされてきたのかな(笑)とも思います。
カバーは破れてしまっても、変形しにくい品質で皆さんに愛用されている様子を
見ると大変うれしく思います。
芯材も初期より改良が加えられ、より変形しにくいものに変わっているそうです。
このようなストレッチポール®をいつまでもご愛顧のほど、よろしくお願いします。